PLANET コビトフカミ

¥238,000

在庫1個

説明

2020年の年の年末に開いた初個展「祝福を観る」で展示した一番大きな海の絵がこの作品です。娘の地球みたいという言葉から「PLANET」と名付けました。2020年掲げたテーマが地球を愛する。その思いやエネルギーが最後に出たのかもしれません。不思議な描き方をしているのですが、どうやって描いたのか全く覚えていません。油絵ですが、水彩のような水を湛えたような不思議なブルー。光を反射するので自分の影が絵に写ります。この絵が好きだと言ってくれた方が小学生から男女関係なくいました。この絵が一番好き。縦の向きがいい。横の向きが好き。それなりに大きな絵なので、人それぞれ抱えながらくるくる回して遠くから見たり覗き込んだりしている姿が印象的でした。この作品も縦横どちらの向きでも楽しめる作品になります。黄色を上にするか下にするか濃いブルーを上にするか下にするかでスケールの印象が大きく変わるようです。地球=自分。繋がり。青の星に住む私たちを祝福で包むブルー。額装はしなくてもいい絵だと思います。するのであればご相談ください。お勧めできる額屋さんを紹介致します。

 

・制作年度:2020年度

・素材 :油絵 oilpainting

 


 

【アーティスト】

コビトフカミ Kobito Fukami

愛の絵を描いている

絵を描き始めたのは大人になってから。35歳過ぎていたと思う。子供との親子絵画教室が始まりだった。美術教育は受けていない。モノクロの鉛筆画が好きだったわたしが今、世の中にない色彩を見たくて絵を描いている。心の中にある海の絵を描いている。それはユングの集合的無意識のように人と共鳴する。人の波動を高める作用を持つ。シンクロシニティ。こうありたいと自分と、そうなれない自分との差異の合間に、温度や色彩が生まれる。そのひとにしかない美しさが生まれる。そんな時に絵が生まれる。

コンセプトはたったひとりの人のためのアート

主な画材は油絵。水彩・アクリル絵の具・インク・パステル・炭・鉛筆画等。画材は問わない。デッサン・モノクロ画も得意とする。抽象画・具象画の他に、オーダーメイドで動物画を一生のライフワークとして描いている。日本的な色彩感覚を油絵で描くことを得意とする。著書「ピーナッツ144」

I’m painting a picture of love. I didn’t start drawing until I was an adult, I think I was over 35. I have no art education. I used to love black-and-white pencil drawings, but now I’m painting to see colors that don’t exist in the world. I am painting a picture of the ocean in my mind. It has the effect of raising people’s vibrations. Synchronicity. It is love. In the space between the difference between what I want to be and what I cannot be Temperature and color are born.

A beauty unique to that person is born. That’s when a work of art is born.

I think what you need the most in your life is joy. Thank you.