a girl コビトフカミ

¥61,610

在庫1個

説明

ほんの少し今の自分を変えたいと思っている。この女の子を見て傷ついているように見えたなら、自分の中に癒しきれていない傷がある。喜んで羽ばたいているように見えたなら何かが芽生え羽ばたこうとしている。妖精や天使に見えたなら、彼らの存在に導かれている人かもしれません。次のステージへ向かう女の子の絵。いつだって傷ついて、いつだって向かおうとしているのかもしれない。誰のためにも生きない。自分を生きる女の子の絵を描きました。幾つになっても変わらない傷つきやすいハートがある。この絵のモデルは私です。美容院へ行く時の気持ち。傷んだ髪に鋏を入れる時の瞬間。鏡に映る桜からインスピレーションを受けて描いた作品になります。思いっきり踊ったり思いっきり笑ったりすることがなくても心はいつも波打っている。舞うをテーマに描いた作品になります。

日々の中にある確かな喜びを胸に。額装は蔵前のnabīsさん。イタリアの額になります。この額がこの女の子の絵にぴったりとあっていて祝福されているように感じます。表のゴールドのフレームの細部に赤いペイントが。額の後ろにはピンクとゴールドのペイントがそのままに。細部まで心が踊るとても素敵なフレームになります。手にとって見ていただきたいアート作品です。

 

・制作年度:2021年度

・素材 :油絵 oilpainting

 


 

【アーティスト】

コビトフカミ Kobito Fukami

愛の絵を描いている

絵を描き始めたのは大人になってから。35歳過ぎていたと思う。子供との親子絵画教室が始まりだった。美術教育は受けていない。モノクロの鉛筆画が好きだったわたしが今、世の中にない色彩を見たくて絵を描いている。心の中にある海の絵を描いている。それはユングの集合的無意識のように人と共鳴する。人の波動を高める作用を持つ。シンクロシニティ。こうありたいと自分と、そうなれない自分との差異の合間に、温度や色彩が生まれる。そのひとにしかない美しさが生まれる。そんな時に絵が生まれる。

コンセプトはたったひとりの人のためのアート

主な画材は油絵。水彩・アクリル絵の具・インク・パステル・炭・鉛筆画等。画材は問わない。デッサン・モノクロ画も得意とする。抽象画・具象画の他に、オーダーメイドで動物画を一生のライフワークとして描いている。日本的な色彩感覚を油絵で描くことを得意とする。著書「ピーナッツ144」

I’m painting a picture of love. I didn’t start drawing until I was an adult, I think I was over 35. I have no art education. I used to love black-and-white pencil drawings, but now I’m painting to see colors that don’t exist in the world. I am painting a picture of the ocean in my mind. It has the effect of raising people’s vibrations. Synchronicity. It is love. In the space between the difference between what I want to be and what I cannot be Temperature and color are born.

A beauty unique to that person is born. That’s when a work of art is born.

I think what you need the most in your life is joy. Thank you.