月の山 石田麻衣

¥700,000

在庫1個

説明

出羽三山の一つとして知られる月山へ登山した時の光景を描きました。

この地で長い年月そこに存在していたであろう霊気。頂上に近づく毎に、天地の恵みによってこの世に生かされている有難みを感じました。頂上の月山神社では、神の領域に足を踏み入れることへの畏敬と、日常感じることのできない神聖さを感じました。

この世界では、地上での暮らしの中で感じる五感が全てだと思いがちですが、実はこの世界は目には見えない、聞こえない、人間の五感を超越した事象や別次元のような空間が存在することで、地上の安泰を守られているのではないかと感じています。

そしてそれを描く事で、人間が潜在的に求める魂の安らぎを感じてもらえたらと思っています。

・素材 :ミクストメディア(木製パネルに和紙、アクリル絵の具をメインに、墨、木炭、木粉粘土、クレパス、麻紐、麻布、木の枝、葉を使用。)

・サイズ:縦1500㎜×横6300㎜

・制作年度:2020年

 

 こちらの作品は下記スペースにて展示販売をしております。

【展示期間】2020/10/5~12/6
【店名】サナギ 新宿
【住所】東京都新宿区新宿三丁目35-6 国道20号線高架下
【営業時間】11:00~23:30
【TEL】 03-5357-7074
【WEB】http://sanagi.tokyo

こちらの作品をご購入いただいた際に、展示期間後にご指定住所へ郵送させていただきます。

 

【アーティスト】

石田麻衣 

日本の伝統文化とされる書道の持つ美しさ。平らな紙面に墨の濃淡や潤渇により生み出される立体感、何も文字を置かない余白を作る事で生まれる間は、空気を引き締め凛とした静寂をもたらす。書道の規律の中に垣間見える自由な創造性を見出し、書道から得た構成を取り入れ、様々な画材を使用する事で伝えたい世界を可視化する。

私は、アニミズムという自然崇拝の精神性が今この世の中に必要であると確信している。はたして古代文明というものは我々の想像するように「何もなかった」のだろうか。もしかすると「全てあった」のかもしれない。不自由なく便利な物に囲まれた生活の中に足りないもの、古代文明にあって現代にないものこそがアニミズムの精神であろう。そんな何もないところにある全てのものを、今この世の中で補うべく、私は深い瞑想に入り、自分でも気付かないような深い感情を表現すべく感覚の命令に従って筆を取る。

Mai Ishida is destined to write from an early age. She studied calligraphy at university and obtained a high school calligraphy teacher license. I teach calligraphy to high school students. We obtained the highest qualification in the written test sponsored by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology. Held solo exhibitions in various places as a calligrapher.

She believes that the truth of the universe connects people to the universe, so she creates works that incorporate ancient features. We express our mission by making full use of various paints such as brush, ink and paint. I want to make a work that conveys the peace of mind.