山のあなた 石田麻衣

¥100,000

在庫1個

商品コード: SER-ISM-0008 商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

説明

日本の伝統文化とされる書道の持つ美しさはそのままに、書道の用筆法、技法を駆使し作品制作を行う。

平らな紙面に墨の濃淡や潤渇により生み出される立体感、何も文字を置かない余白を作る事で生まれる間は、空気を引き締め凛とした静寂をもたらす。

日本人が感じる書道への郷愁は、代々日本人に受け継がれてきた書道という文化が、和紙と墨を使用することで、無意識に組み込まれた潜在意識を呼び起こすのであろう。

一方、私の目指すアニミズムの精神は、今から一万年以上前の日本の縄文時代の精神、全てのものは自然から生まれ、自然に帰るという自然崇拝の精神性であり、今この世の中に必要であると確信している。

一万年続いた文明というものは果たしてどの様なものだったのだろうか。我々の想像するように「何もなかった」のだろうか。もしかすると「全てあった」のかもしれない。

世界を取り巻く不穏な風潮の根源が、上下関係や格差による環境にあるのではないかと感じる。無益な争いのない一万年続く文明を目指したい。

何不自由なく便利な物に囲まれた生活の中に足りないもの、一万年続いた文明にあって現代にないものこそがアニミズムの精神であろう。

そんな何もないところにある全てのものを、今この世の中で補うべく、私は深い瞑想に入り、自分でも気付かないような深い感情を表現すべく感覚の命令に従って筆を取る。

アートとはおそらく、見る人ごとに答えが違ってくるはずだ。

たとえば、「普遍的な生命の深淵を感じた」という人がいてもおかしくないし、「宇宙の摂理を見た気がする」という人が居ても不思議ではない。

アート鑑賞とは、「正解を知る」ものではなく、その人ごとに意味のある何かを見出す行動だと感じるからだ。

「見る」という言い方に限定するのは適切ではないかも知れない。人は闇のなかに置かれると、視覚を奪われて他の感覚が鋭敏になる。

一般にアートは「見る」ことがメインではあるが、聴覚、嗅覚、触覚、さらには味覚をも総動員するとき、鑑賞のさらなる可能性が切り拓かれる。

瞑想のなかで広がるものをただ見るだけではなく、耳をそばだて、全身で感じ、わずか混じる匂いや湿り気にも神経を向けるとき、いままでに味わったことのない感覚に襲われる。

文字の力。書の力。太古の文字を取り入れ自分の使命である筆と墨で表現する。私は書道というものに敬意を払いながら自然から生まれた道具の力を借り、安心して生きられる空間を作るべく制作を行っている。

・素材 :和紙に墨、アクリル絵の具 額入り

・サイズ:縦620✕横890厚さ30(mm)

 

 こちらの作品は下記スペースにて展示販売をしております。

【展示期間】2020/7/1

【店名】&AND HOSTEL AKIHABARA
【住所】〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3-9-1
【営業時間】無休(&AND HOSTEL AKIHABARAのオフィシャルサイトに準じます)
TEL 03-3405-4857
WEBhttps://andhostel.jp/akihabara/

 

・展示中のスペースで作品を見てご購入いただく場合は、購入画面の「カート合計」で送料の計算は必要有りません。そのままお支払いに進んでください。
・送料が表示される場合は「店頭渡し」を選択してください。
・お支払い後に購入完了画面が表示されますので、画面を展示スペースのスタッフへご提示ください。

 

【アーティスト】

石田麻衣