Comfortable | Sacco

¥1,080,000

在庫1個

説明

なぜか、無数に伸びる配管などに関心を持ってきました。ひとつひとつの形はシンプルに存在していても、集まると生きて蠢いているようにみえてくる瞬間があり、そう解釈したくなる私の脳は勝手です。本作品は、初めて訪れた群馬県の安中にある亜鉛工場を訪れた時のイメージを描いたものです。外観としてのいわゆる工場の肖像しか知らなかった私でしたが、大規模工場の中に足を踏み入れ、臭いを嗅ぎ、息遣いを聞き、錆に触れ、超巨大な細部に囲まれて、わたしの工場への印象は拡大しました。そこで体得したフィギュラティヴなイメージが画面上で混ざり合うことで、冷たくて硬いと思い込んでいた工場がうみだす体温や蠢きを表現されているのではないかと思います。色の層をいくつも重ねていくことで生きてはいないものへ、色を与えていきました。

木製パネルに綿布,アクリル絵の具, エポキシ樹脂

追加情報

重さ 7 kg
大きさ 60 × 40 × 15 cm