小野久留美はロンドン在住の日本人アーティスト。ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズのファイン・アート学部を卒業。
彼女は、幼少期、花、果物など、「保存できないもの」に人々は特別な愛着を持っているのではないかと考え、一時的な物事や無常について興味を持ち制作を開始。
それらのことを表現するため最近では、柔らかく繊細な紙と写真を使ったインスタレーション作品を制作している。
さらに彼女の作品では、無条件の愛とケアのような繊細で言い尽くせない事柄も表現されている。
物理的な実体よりも長く保たれるであろう永続的な美しさは、脆弱性と儚さによって生まれるのではないだろうか。

Kurumi Ono is a London based Japanese artist. She has graduated from BA Fine Art, Central Saint Martins, University of the Arts London.
She has recently been working with photography and installation, thinking about how she can manipulates paper which is soft and delicate.
She has realised that she has a special attachment for things that can’t be preserved, such as childhood, flowers, and fruit. In other words, she can be said to be interested in ‘transience’.
Moreover, these are also used as motifs for her works to express something so delicate and ineffable as unconditional love and care.
Through fragility and evanescence would come an enduring and permanent beauty that outlives the physical substance.

展示販売スペース

【店名】サナギ 新宿
【住所】東京都新宿区新宿三丁目35-6 国道20号線高架下
【営業時間】11:00~23:30
【TEL】 03-5357-7074
【WEB】http://sanagi.tokyo 

展示作品