株式会社ポトマック様

2018-06-19

若手アーティストを支援するというコンセプトがあり、もともとギャラリースペースが潤沢にある場所ですので、SERNEDIOUSのサービスととても相性が良いので、アーティストの方々に是非活用していただきたいです。

株式会社ポトマック クリエイツ事業部
エンターテイメント
油谷 暁徳 様

・SERENDIOUSにご賛同いただき、作品を展示していただけるのは、どのようなスペースですか?

こなな 自由が丘は、ご家族、若い男女がメインのお客様層で、自由が丘ということで感度が高いお客様が多く、時間帯を問わず、人気のお店です。白い壁と木の内装は色々な作品と相性がいい空間だと思いますので、アーティストの方々に自由に表現をしていただけると、お店にとってもうれしいです。

サナギ 新宿のほうは、お客さんは、家族連れから、若者、サラリーマン、訪日観光客と、すべてです。駅からもすごく近くですし、一日500人から600人、1カ月で15,000人くらいの方がこられますので、圧倒的な数の人に作品を見ていただけます。
サナギとしても、若手アーティストを支援するというコンセプトがあり、もともとギャラリースペースが潤沢にある場所ですので、SERNEDIOUSのサービスととても相性が良いので、アーティストの方々に是非活用していただきたいです。
サナギ 新宿のイベントスペースは、最近企業プロモーションのためのスペースとしても認知をしていただいていて、こういったイベントで来られるお客様もいらっしゃって、絶え間なくお客様がいらっしゃいます。企業としてのプロモーション媒体にすべて展示の情報を掲載していますし、飲食でこられたお客様には、メニューの中でも告知をするなど、展示告知についても支援をさせていたいだいています。通常のギャラリーでの展示は、1週間、2週間というような期間が多いですが、サナギ 新宿は、1カ月と長く使っていただけるのも良い点かと思います。

・SERENDIOUSの仕組みを使ってみようと思われた理由は何ですか?

僕が以前ギャラリーにいたときに感じていたのですが、東京でアーティストが活動しようとすると、基本的にはギャラリーでの展示ということになりますが、ホワイトキューブのギャラリーで展示する場合には、誘った方か、たまたま通りがかった方が見に来るだけでなかなか作品を多くの人に見てもらえません。また、日本は圧倒的に貸しギャラリーが多く、これは世界的にも珍しくて、アーティストは、それを一日いくらでお金を払って借りて展示をしますので、作品発表をするにはバジェットがいります。
無料で作品を展示してくれる場所をマッチングするSERENDIOUSはアーティストのそういった悩みを解決し、一方、スペース側もスペースをもっと有効活用したいと考えていますので、お互いの需要自体がすでにマッチングされているサービスだなと思いました。

・今後SERENDIOUSに期待される事はどんなことですか?

今のSERENDIOUSのサービスは一個のアプリに近いと思っていて、利用者と利用者を結びつけるエージェントアプリ、マッチングサービスのアプリというような感じだと思うのですが、それがもうちょっと有機的になってくると面白いのではと思います。 SERENDIOUSさんが主宰で、アーティストとスペースが集まって、一体一のつながりだけでなく、何かを生み出すハブ、オーガナイザーになってもらえるといいなと思います。そうなると、ムーブメントとかカルチャーが生まれたたり、各々のマッチングをさらにまとめた何かがさらにできるのかな、と思っていました。

展示ページへ